キャンピングカーランド最新情報

即納可能車あります!(埼玉編)

2022.05.26

埼玉店 坂本です。

最近は梅雨入りしそうな勢いで天気がスッキリしないですね、、、

なんだかモヤモヤします。

先日、長瀞のフェスに行ってきました。

目移りするギアがたくさんあり、お金がいくらあっても

足りないと感じた今日この頃です。

さて、話は変わりますが、

埼玉店の即納可能車2台あります!!

ワークヴォックス レイクサイド

●ガソリン 2WD 3人乗り仕様

街乗りでもキャンプでもどちらも使い勝手がよろしいと思います♫

続きまして

LTキャンパーズ レガード ネオプラス

●ディーゼル 2WD 6人乗り シングルタイヤ

(ディープサイクルバッテリー×3仕様)リチウムに変更可能

6人就寝出来ますからご家族やお友達と和気あいあいと♫

飲み過ぎ食べ過ぎ注意ですよ!

上記2台はナビ・ETC・ドライブレコーダー類は含まれて

おりませんので、ご相談下さいませ。

また、装備品やオプション追加等はお気軽にご連絡下さい。

埼玉店の都合にもよりますが、7月8月にはお乗りになれます!

(取り付けるパーツ類によってはお時間かかる場合があります。)

ご検討のほど、よろしくお願い致します。

以上、坂本でした。

即納可能車 あります!

2022.05.20

皆さんこんにちは。

キャンピングカーランド名古屋店の小田島です。

 

本日は名古屋店にある即納可能車をご案内致します。

 

今や、納車まで1年、2年待ちは当たり前のキャンピングカーですが、

名古屋店には即納可能な車両が何台かあるんです。

 

今年の夏はキャンピングカーで出かけたいという方必見です!

 

1台目

レクビィ プラスMR

普段使いにも最適な、新しい「Twin Style」モデル

キャンピングカーPLACE MR プラスMR| 株式会社レクビィ RECVEE オリジナル キャンピングカー 製造・販売メーカー

 

 

2台目

レクビィ ホビクル オーバーランダーⅣ

ミニバン感覚で使う。コンパクトワンダーモデル

キャンピングカーホビクルオーバーランダ―Ⅳ| 株式会社レクビィ RECVEE オリジナル キャンピングカー 製造・販売メーカー

 

 

3台目

デルタリンク ダーウィンQ1

サイズの割に大人数での使用が可能! 乗車人数7名、就寝人数:大人3名+小人4名

Drwin(ダーウィン)Q1タイプ | D.V.D (delta-rv.jp)

 

 

4台目

ワークボックス セドナ タイプⅣ

無垢材とアイアンで組み上げた自然と繋がる空間

typeIV – セドナ バンライフ (sedona-vanlife.com)

 

 

各1台ずつとなり、早い者勝ち、売り切れ御免となりますので、あらかじめご了承ください。

 

即納可能車ではありませんが、その他にも多数展示車がございますので、是非、遊びに(冷やかしも大歓迎)お越しください。

皆様のご来店をスタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。

 

キャンピングカーランド名古屋店

小田島

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:最新情報

セレンゲティのあれやこれや

2022.05.19

ゴールデンウィークも終わり、次の祝日までしばらく期間が空くようですね・・・

連休ロス・・・?

 

さぁ!

こんな時はセレンゲティについて学んでまいりましょう!

 

Lesson1

ファンルーチェ・セレンゲティ

 

バンクベッド装備&前後座先を有するダイネット&リアには2段ベッド&フリールーム完備・・・

これぞ!ジャパニーズキャブコンというほどにベーシックなレイアウト。

これが良いんです。昔から長く続くものは良い(笑)

 

セレンゲティには2種類ございます。

セレンゲティ    全長4,990mm 全幅2,100mm 全高2,840mm

セレンゲティ525 全長5,250mm 全幅2,100mm 全高2,840mm

まっ、全長が違うだけなんですが(笑)

 

しかーーーし!ちょっとの差は大きな差!(←どういうこと??)

 

リアベッド寸法

セレンゲティ    1,920mm ✖ 580mm (ジャパニーズサイズ)

セレンゲティ525 1,920mm ✖ 850mm (欧米の方でもゴロゴロ出来ちゃうぜ)

 

トランク寸法

セレンゲティ    横幅1,890mm ✖ 奥行480mm ✖高さ500mm 約450L

セレンゲティ525 横幅1,890mm ✖ 奥行750mm ✖高さ500mm 約705L

※1(オプションで家庭用エアコンご選択の場合は・・・ 1,450mm ✖ 750mm✖500mm 約540L)

 

いかがでしょうか?トランク寸法はカタログには載っていない情報です(笑)

 

 

ついでにもいっちょ!

 

フリールームの寸法

ちなみに先に言っときますと、セレンゲティのフリールームまぁまぁ狭いですので(笑)

ちょっとシャワー使用は・・・って感じです。 155cm45kgくらいの方なら・・・って感じ・・・

ちょっと脱線しましたが以下が寸法です。

 

幅 約600mm ✖ 奥行 約770mm

 

流行中のラップポン(トイレ)を置いたら??を考察・・・

 

以下、ラップポンHPより参照

使用時:幅390mm×奥行き460mm×高さ400mm
収納時:幅390mm×奥行き460mm×高さ270mm

 

ここで、キャンピングカーのトイレルーム一口メモ!

フリールームって言葉が肝なんですが、これがついてりゃトイレとして利用できるってわけじゃないっておはなし・・・

大概のフリールームはトイレ本体は置けます。多分・・・しかし!トイレってそこに人が座って利用します。人が座ればその先には足先がくるってもんですよね!よってトイレ寸法(奥行)プラス+300mm位は欲しいですよね。

ってことで、ラップポン奥行460mmに対して足先分300mmを加算して・・・760mm!!

 

セレンゲティ君!ギリギリ合格 (笑)! (あー学生時代を思い出してしまった・・・)

 

結構、トイレ座っていざ扉閉めようとしたら、フリールームの扉閉まりませんって車ありますからね。キャンピングカー選びの際はご注意ください。

 

続いては、標準装備品の数々をご紹介。

 

①純正LEDヘッドライト!

②スマートエントリー&プッシュスタートシステム!(カムロードには付けたくてもつかない装備の一つです。最近の車では当たり前の装備ですが・・・(笑))

➂オーディオ用ステアリングスイッチ!(カムロードには付けたくてもつかない装備の一つです。最近の車では当たり前の装備ですが・・・(笑))

④寒冷地仕様(2WD・4WD関係なく装備しています)

⑤リア用走行用クーラー&ヒーター(カムロードキャンピングカーの多くは装着がなく、FFヒーターや家庭用エアコンで代用、ここが家族の方にセレンゲティをおすすめする理由です。)

⑥リア用スピーカー(これも、カムロードではオプションになっていますね)

⑦245Wソーラー+MPPTコントローラー

⑧サブバッテリー残量計(VOTRONIC)

⑨ツインサブバッテリー

 

続いては、2022モデルから追加された標準装備

 

バンクベッドに100V&DC&USBソケット追加!

ダイネットの後ろ向きシートが少し延長され、居心地が良くなり収納も増えました!

カーテンレールが一部変更になり、不評でしたフリフリのフリルがなくなりました(笑)!

あと、なんと!TOYOTA Safety Sence & インテリジェントクリアランスソナーが標準装備となりました!

特にインテリジェントクリアランスソナーは死角もあり大きなボディのキャブコンにはとっても嬉しい装備ですね。

 

要注目!のオプションの数々・・・

①多くの皆様のご要望にお応えする形でキャブコンではなかなか難しかった、デジタルルームミラー機能付き前後同時録画タイプのドライブレコーダーをオプション設定しております。

 

②マルチビジョンモニターシステム。いわゆるアラウンドビュー(360度)モニターシステムをオプションとしました。

※写真はウラルです。

 

 

➂フリールームAC100V防水コンセント。最近ラップポンをフリールームで使用したい方が増えましたので、そんな皆様に向けたオプションです。

こんな感じで、ユーザー様やご商談ででた皆様のご要望を反映してオプションを随時追加しております。

 

 

ちなみに!意外と知られていないセレンゲティ・パタゴニア・ウラルの良いところ!

リアのエントランスの鍵は純正!

これで、鍵はスマートキーとトランクキーの2本だけ!

このうれしさは良い意味でボディブローのようにじわじわと効きますよ(笑)

 

 

いや~。セレンゲティ欲しくなったんちゃいますぅ~??

 

 

こんな感じで、不定期にファンルーチェ車両の魅力をお伝えしていこうかと思います!

 

 

キャンピングカーランドからおしらせでした。

 

我が家に最適なキャンピングカーとは??

2022.05.13

暑くなったり、肌寒くなったり、雨が続いたり・・・天候変化の激しい今日この頃。

いかがお過ごしでしょうか?

キャンピングカーの整備は基本外でやることが多いので、天候に左右され大変です・・・

 

さてさて、最近ブログ内でキャンピングカーのオプションや支払い方法などを取り上げてまいりましたが、いよいよキャンピングカーそのものにフォーカスを当てていきたいとおもいます。

 

 

我が家にはどんなキャンピングカーがあっているのか?

キャンピングカーの探し初めに抱く疑問です。

やさしさゼロで答えるなら、『予算と駐車場で決めればいいんじゃないですか~』なんてことになります。

これじゃ、プロの答えじゃないですよね・・・

 

そもそも、キャンピングカーなんて別に無くてもなんの不自由もしない車の代表みたいなものです。

お客様はそのキャンピングカーに夢を抱いて購入をお考えですからね。良いこと悪い事包み隠さづ話すのが営業マンのお仕事ではないでしょうか?

 

それでは、本日は、大きなキャンピングカーから小さなキャンピングカーまでそれぞれのメリットデメリットをご紹介♪

 

 

①フルコンタイプ 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャンピングカーの最高峰。

キャンピングカーの為に作られたシャーシ・ボディの為、快適性は抜群。

トイレ・温水シャワー・ふかふかベッド・大型冷蔵庫・床暖など快適装備盛りだくさん。

長期の旅でも疲れ知らずです。

ただし、全長は7m~と駐車場を選びます。普通車駐車場では厳しいので、RVパークやキャンプ場に停泊してそこから電車やバスで観光地なんて旅の仕方も楽しいかも。

しかし、そもそも家の駐車場に入らない!という貴方!ご安心ください。

LACグループでは関東と中部に【さくらパーク】というキャンピングカー専用月極駐車場を運営しております。ご自宅の近くに駐車場が見つからない方もぜひ、ご利用ご相談ください。

まぁ、輸入車なのでメンテナンスでのお付き合いは密になるかと思いますのでご理解いただければ、満足度の高いキャンピングカーとなります。

~おすすめな方~

・夫婦二人+アルファで快適性重視の長旅をお考えの方。

 

 

 

②キャブコン

 

 

 

 

 

トラックやハイエースをベースとしたキャンピングカー。

皆さんよく目にするキャンピングカーの代表です。

5m前後のボディサイズに様々な快適装備を詰め込んだフル装備高級タイプのものから、装備を抑えて価格を抑えたライトなものまで幅広くラインナップしております。

フルコンキャンピングカーには及びませんが断熱性遮音性も高く快適性も確保できます。

国内の駐車場事情にもマッチしており、機動性高く全国を旅したい方にピッタリです。

乗車人数も6名~7名のものが多く。ご家族そろってのご旅行に向いています。

ただ、やはりトラックをベースにしているモデルはお世辞にも乗り心地は良いとは言えません。そこらへんはレンタカーなどで確認の上のご購入をおすすめします。

~おすすめな方~

・家族全員でのんびり旅を楽しみたい方

 

 

 

➂バンコン

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハイエースやNV350キャラバンなど箱型バンをベースとして、内装のみを架装したものです。

断熱性や遮音性はキャブコンには及びませんが、4m前後のコンパクトなサイズからお選びいただけるので、普段の移動手段としてオールマイティにご使用いただけます。

販売価格も幅広く、皆様のTPOに合わせてお選びいただけます。初めてキャンピングカーをお購入いただく方がお選びいただくケースが多いです。

運動性能としては、普通車より若干劣ります。

~おすすめな方~

・普段の買い物通勤と併用したい方

 

 

 

④キャンピングトレーラー

 

 

 

 

 

 

 

独立したお部屋を普通車で牽引してお出かけするというものです。

ミニバン/SUVなどで必要な時に牽引するので普段の買い物通勤に支障が出ることはございません。

装備もトイレ温水シャワーなど充実しているものが多く、エンジン等無いため、購入価格が抑えられます。

しかし、出かける際は普通車の長さ+トレーラーの長さ=10m~と全長が長くなるので、気軽にコンビニなどには立ち寄りづらいです。

重量750Kg以上のキャンピングトレーラーは『けん引免許』が必要になるのと、牽引車両を選びますので注意が必要です。

駐車場事情もあるかと思いますが、LACグループでは【さくらパーク】がございますのでご安心ください。

~おすすめな方~

・キャンプを主とした利用で、購入価格を抑えつつ充実したした装備が必要な方

 

 

 

⑤軽キャンパー

 

 

 

 

 

 

 

 

軽自動車をベースとしてキャブコンタイプとバンコンタイプの2種類ございます。

サイズは軽規格の為同じです。

1人~2人での使用となりますが、機動性は抜群です。釣り・山登りなど駐車場にかなりの制限のある方に好評です。

ただ、やはり軽自動車の為パワー不足は否めません。

~おすすめな方~

・一人旅で趣味を極めたい方

 

 

 

 

この他にも、輸入車のキャブコンタイプやバンコンタイプやバスコンタイプなど様々ございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に・・・

昨今、ユーチューブやSNSなどの情報を鵜のみにしてしまう方も多くいらっしゃいます。

当然、間違っているわけではありませんが、精査して判別することが重要です。そのお手伝いを各店営業がさせていただいています。

実は、キャンピングカーという乗り物には向いている人、向いていない人もいらっしゃいます。

だから、勢いで購入したものの『思っているのと違った』『メンテナンスなどの問題山積で楽しめなかった』という方も多くいらっしゃいます。

しかも、キャンピングカーってまだまだ発展途上の乗り物です。各販売店でいい点悪い点を聞いていただいて、選んだキャンピングカーが本当に自分に合っているのか見極めていただくのも重要かと思います。

 

キャンピングカーランドではたくさんの情報をもって、ご購入者様のご購入のお手伝い/アフターメンテナンスに力を入れ取り組んでいます。

まずは、お近くのキャンピングカーランドの店舗にてお気軽に疑問点をご質問くださいね。

 

 

キャンピングカーランドからおしらせでした。

 

 

オプション選びのあれやこれや

2022.04.24

普通車を購入するときって①【メーカーオプション】と②【ディーラーオプション】

この二つからあれやこれやと選んで購入しますよね。

キャンピングカーはこの二つ以外に【架装メーカーオプション】【販売店オプション】なるものがございます。

見積を取られた方はご存じかもしれませんが、この2つ。なんとなくで色々装着してしまうとあっという間にオプションだけで100万超えてしまいます。

だから、キャンピングカーランドでは慎重かつ冷静にオプションのご選択をおすすめしています。

なぜかというと、装着したものの、結局使用せず後悔する方が非常に多いからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで、わたくし個人の見解は含まれますが、オプションの必要性について説明していきたいと思います。

 

では、スタート!!

 

 

★家庭用エアコン

 

 

 

 

 

 

 

 

日本の夏は最近バカみたいに暑いです。

わたくしが入社した当時よく言った決めセリフ。『夏は標高高いとこや涼しい地域に行けばいいんですよ!』・・・

もはや日本の夏はどこも暑いです。だから、はっきり言って便利です。涼しいです。快適です。

使い方によっては、家庭用エアコン本体のみ装着してあれば、RVパークやキャンプ場利用で使用できますが、予約が必要など手間もあります。

猛暑の夜を快適に。かつ、電源なく車のみで稼働する場合は以下のものが必要になります。

 

①家庭用エアコン本体 ②リチウムイオンバッテリー ➂1500W以上の正弦波インバーター ④できればソーラーパネル

ざっくりですが、150万円位必要な計算となります。

 

よって、この①~④が標準装備であるかどうかも車選びで非常に重要な要素となります。

ただ、我が家は夏に関しては、宿で宿泊。 それ以外は車中泊とすることとしていました。

150万円あれば、一人15,000円の宿に4人で25回泊まれますからね(笑)

 

 

★カセットトイレ

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、もっともお客様の状況に左右されるオプションです。ご案内も難しいんですよね。

ただ、店頭では言いづらいことも含めて助言を・・・

処理するのは自分です!!

頻尿気味ではないですか?

ご年齢的なものも加味して・・・ください・・・

 

個人的には、ホームセンターの段ボールでできた簡易的なもので十分かなと・・・

 

 

★電子レンジ

 

 

 

 

 

 

 

これも、気を付けたい一品。

1500W正弦波インバーターが標準装着された車であれば、便利です。

インバーターがないと、電子レンジ本体含め、約20万円位・・・

1年365日。そのうちお出かけ率25%としましょう。1日4回のお食事温めに使う。使用期間は5年とすると・・・

1回の温めに約140円使うことになります。

まぁ、もっと使用回数少ないでしょうから、もっとかかっていることになりますが・・・

なんとなくで付けるにはもったいないオプションかなと思います。

 

①赤ちゃんとの旅(離乳食が温められます) ②食事は必ずペットと一緒 ➂泊まり込みの釣り、山登りなどの方 なんかは便利に使っていただけるかと思います。

 

 

★リアのテレビ用アンテナ&車載チューナー

 

 

 

 

 

 

 

 

地デジの電波は意外と万能ではないです。 よくご納車後に出かけた先でTV見れないとお叱りを受けます。 大方電波が無い場所です。

最近では、自宅のDVDレコーダー&Wi-Fi経由でTV見れるものもあります。

TV本体さえあればあとは、何とかなりますキンドルファイヤTVスティックなど・・・

この機会にデジタル化を頑張ってみようという方には要らないかなと・・・

 

 

★サイドオーニング

 

 

 

 

 

 

 

目的地到着してすぐに日よけ雨除けの完成!!は嬉しいです。

でも・・・

①公共の駐車場では使えません。(道の駅も当然)

②風の影響を受けやすいので、しっかり地面と結び付けてください。

➂寝ているうちに雨など降ると設置仕方によっては水が溜まって壊れます。

キャンプによく行く方。イベントなどに行くかたなどはおすすめできます。

 

 

★360度マルチビジョンシステム

 

 

 

 

 

 

 

 

車を上から360度見まわせるものです。

便利な気はしますが、本当に死角はないのか?など考え出すと不安です。

ご自宅の駐車場が狭くて・・・という方には好評です。

 

 

★足回り強化

 

 

 

 

 

 

 

 

個人的にはつけていただきたいおすすめオプションです。

キャンピングカーは車重が重くなっています。家具などで高い位置に重さが来ます。よって、ふらつき。段差での挙動の不安定などが発生します。

なんで、標準装備じゃないのか?

昔から考えたら、今の車非常に高性能になり、乗り心地も良いです。 でも、昔の車ってもっと乗り心地悪いしフワフワしてましたよね?(一部の人にしかわからないかもしれませんが・・・)

つまり、はっきり言って要らない人には要らないんですね。カセットトイレみたいに・・・

キャンピングカーメーカーも転角試験などして安全な物を出してますからね。

よって、オプションとしています。

でも、より安全に安心感持って乗っていただく上では必要かなと思っています。

 

車の上下の挙動を抑える【強化ショックアブソーバー&トーションバー】 ショックを効率よく動かす【バンプ&リバウンドストップ】

横揺れを抑える【強化スタビライザー】

前後の車高誤差の修正&上下の挙動を抑える【リアコイルオーバーショック】

状況に応じてお選びいただけます。

 

キャンピングカーランドでは、『ユーアイビークル』さん 『シャドゥ』さんの製品を使用して乗り心地改善に挑んでいます。

また、改めて足回りについては解説したいと思います♪

 

 

★ナビゲーションシステム

 

 

 

 

 

 

 

 

最後にナビですね。一昔前には何の疑問もなく装着していました。

ただ、最近はスマホの時代。 グーグルマップにヤホーマップなど常に新しい地図で導いてくれます。

注意しないといけないのは、キャンピングカーは幅も広く車高も高いので、抜け道を多用するスマホマップは危ない時も多いです。

トラック運転手向けの地図アプリなんかもあるらしいのでおすすめですね。

ちょっと横道にそれましたが、最近のオーディオ事情です。

 

①ナビゲーションシステムを装着

地図アプリは不安。TVを見たい。CDを聞きたいなど。今までのやり方でいきたい方はやはりナビゲーションシステム。

最近は大型モニターのナビやWi-Fi機能内蔵のものなどもあります。

②オーディオのみ装着

運転中。漢はだまってラジオだ!って言う方におすすめ。

➂モニター付きオーディオ装着

バックカメラの映像を映したいけどナビ機能は要らないという方にお勧め。最近の普通車についている画面は大体このモニター付きオーディオですね。

これとスマホをつないで、画面に地図アプリを映したりするのが増えてきました。

④何もつけない!スマホホルダーのみ。

スマホ一台ですべてをつかさどるデジタルマイスターな貴方におすすめ。

 

 

といったようにまだまだ、その他オプションもあり、頭を悩ませてしまうかもしれませんね。

 

ちょっと長くなりましたが、皆様のキャンピングカー選びの参考になれば幸いです。

 

 

キャンピングカーランドからおしらせでした。

 

 

 

アーカイブ

Top